超濃厚!通販もできる高級ブランド岩ガキ「夏輝」をご紹介

スポンサーリンク
超濃厚!通販もできる高級ブランド岩ガキ「夏輝」をご紹介 岩ガキ

夏になったら食べたくなるのが、栄養豊富で濃厚な味わいが楽しめる岩ガキ。その中でも、特に美味しいと評判の鳥取県のブランド岩ガキ「夏輝」はご存知でしょうか?今回は、その美味しさの秘密や、食べられる時期、通販でお取り寄せする方法をご紹介します。

スポンサーリンク

岩ガキは真牡蠣よりも大きな「海のミルク」

「夏輝」は鳥取県のブランド天然岩ガキ。そもそも岩ガキは、真牡蠣に比べて大型で、大きなものでは20cmを超えることもあります。真牡蠣が養殖物がほとんどであるのに対して、岩ガキには養殖と天然があり、大量生産できない天然物は高価になっています。加熱調理をする場合もありますが、料亭や寿司屋などでいただく際は、生の刺身でいただくことが多いです。一口食べれば、かすかな磯の香りと「海のミルク」を感じさせる濃厚な旨味を味わうことができ、その後味に酔いしれることでしょう。生息域によって大きく味わいが異なるため、各地のものを食べ比べるのもオススメです。

「夏輝」の読み方は?

「夏輝」の読み方は「なつき」と読みます。これは、「鳥取の夏の海のように輝きを放つ天然の岩ガキ」という意味が込められています。旬の時期がわかるいいネーミングですよね。

6月に解禁!夏輝の旬は初夏〜お盆

一般的なカキ(真牡蠣)はRがつく月に食べることができ、特に冬が旬であるといいますが、夏輝の旬は文字通り夏です。正確には、6月1日に漁が解禁され、8月中まで漁が行われています。真牡蠣と岩牡蠣の旬の違いの理由は、その産卵の仕方の違いにあります。真ガキも岩ガキも夏〜秋にかけて産卵しますが、真ガキは秋〜冬に栄養を蓄え、夏になるとその栄養を使って一気に産卵します。一方、岩ガキはゆっくりと少しずつ産卵するため、栄養分が抜けてしまうことがなく、その特徴的な濃厚な味わいを楽しむことができるのです。ところで、岩ガキは季節によって栄養分の違いがあまりないため、冬でも美味しく食べられるのではないか?と思うかもしれません。しかし、冬に岩牡蠣を見かけることは非常に稀です。その理由は、ずばりその漁獲方法。岩牡蠣は天然ものが多く、海士/海女さんたちの素潜り漁で漁獲されますが、寒さが厳しく荒れやすい冬の日本海に潜るのは至難の技。気候と海が穏やかな夏にしか食べられない、期間限定のグルメなのです。

6月のカレンダー

夏輝の産地は栄養豊富な鳥取県の日本海沿岸

夏輝が漁獲されるのは鳥取県の沿岸全域。ユネスコ世界ジオパークにも認定されている山陰海岸の一部であり、森林資源に恵まれています。そのため、大山などの中国山地の山々から、大量の養分を含んだ河川が流れ込んでおり、岩ガキの餌となる植物プランクトンが非常に豊富。このような恵まれた環境だからこそ、殻が大きく、身がパンパンに詰まった最高の岩ガキが成長するのです。

認定率は約1割!夏輝のブランド基準は超厳しい

鳥取県沿岸で漁獲される天然の岩牡蠣がすべて夏輝のブランドを名乗れるかというと、そんなことはありません。夏輝として認定されるには、その他にも2つ必要な条件があります。1つ目は、岩牡蠣の種類が「ヒラガキ」であること。岩ガキには、貝の幅が狭くて高さのある「ツボガキ」と、下の殻が平らで丸みを帯びた「ヒラガキ」の2種類がありますが、貝の下殻が平らなものはのびのびと育った証拠。窮屈な環境で栄養分を奪い合って育ったツボガキに対して、ヒラガキは岩ガキ同士で栄養分を奪い合うことはなく、殻の中にたっぷり身が詰まっており、味が濃いのが特徴。2つ目の条件は、殻の長さが13cm以上の大型のものであること。ここまで大型になるには、なんと4年もの年月が必要なんだとか。これらの条件は非常に厳しく、鳥取県全体の岩ガキの漁獲量の、約1割ほどしか夏輝になれません。貴重だからこそプレミアムな岩ガキとして扱われるわけですね。

安全管理もバッチリ!ノロウイルスなどの食中毒の検査を実施

牡蠣といえば気になるのが食中毒。冬に食べた真ガキにあたり、ノロウイルスに苦しめられたという方も多いのではないでしょうか?一方で、岩ガキが生食してもノロウイルスの危険性が低いとされています。これは、ノロウイルスは海水温が10℃以下の時期に感染力が強くなるためであり、逆に海水温が高い夏はノロウイルスの感染力は低下するためです。一方で、岩ガキを食べる上で気をつけるべきは腸炎ビブリオという細菌性の食中毒。海水温15℃以上になると活発に活動をする細菌であり、しっかりと冷却しないで放置した場合に感染するリスクが高まります。ただ、腸炎ビブリオ自体はどの魚介類にもいるため、最近が繁殖しないように4℃以下に抑えることが重要。また、真水の中では生きられないため、新鮮な岩ガキでもしっかりと水で洗い流すことでそのリスクを減らすことができます。ブランド岩ガキの夏輝は安全性にもこだわっており、ノロウィルスと貝毒の安全検査をしっかりと実施しているのが特徴。安心して生のお刺身で味わうことができるのが嬉しいポイントですね。

通販でお取り寄せ!夏輝のおすすめ商品をご紹介

夏輝の通販におすすめなのが、「日本海市場かに処」さん。朝獲れたてのものだけをパックしており、通販ですが鮮度は抜群。5~10個で3kgになる粒ぞろいの特大サイズばかりセットであり、もちろんその全てに夏輝の証であるブランドラベルが巻かれています。2020年の岩ガキシーズンには、鳥取県の牡蠣ランキングでずっと一位を取り続けており、その人気の高さが伺えますね。一方で、自分で剥いて食べるのはハードルが高いという方には、便利な無料殻開けサービスも!ちょっと贅沢して、夏輝を味わってみてはいかが?

まとめ

鳥取県のブランド岩ガキ「夏輝」をご紹介してきましたが、いかがでしたか?漁獲量が限られるため、食べたい方は早めに購入することをおすすめしますよ!

タイトルとURLをコピーしました