旬はいつ?ブランドや名産地は?岩ガキの美味しい情報をご紹介

スポンサーリンク
旬はいつ?ブランドや名産地は?岩ガキの美味しい情報をご紹介 岩ガキ

真ガキより大きく、生の刺身が主流の岩ガキ。海のミルクとも言われる牡蠣の中でも、特に濃厚な旨味が味わえます。今回は、岩ガキを美味しく食べられる旬や、代表的な産地や美味しいブランド岩ガキまで、岩ガキを美味しく食べるための情報をご紹介します。

スポンサーリンク

岩牡蠣は真牡蠣よりも大きな「海のミルク」

マガキと比べて大型で、大きなものでは20cmを超えることもある岩牡蠣。養殖と天然があり、大量生産できない天然物は高価になっています。加熱調理をする場合もありますが、料亭や寿司屋などでいただく際は、生の刺身でいただくことが多いです。一口食べれば、かすかな磯の香りと「海のミルク」を感じさせる濃厚な旨味を味わうことができ、その後味に酔いしれることでしょう。生息域によって大きく味わいが異なるため、各地のものを食べ比べるのもオススメです。

岩牡蠣の旬は夏

真ガキはRがつく月に食べることができ、特に冬が旬であるといいますが、岩ガキの旬は真逆の夏。具体的には6〜8月が美味しい時期であると言われています。その理由は産卵の仕方の違いにあります。真ガキも岩ガキも夏〜秋にかけて産卵しますが、真ガキは秋〜冬に栄養を蓄え、夏になるとその栄養を使って一気に産卵します。一方、岩ガキはゆっくりと少しずつ産卵するため、栄養分が抜けてしまうことがなく、その特徴的な濃厚な味わいを楽しむことができるのです。ところで、岩ガキは季節によって栄養分の違いがあまりないため、冬でも美味しく食べられるのではないか?と思うかもしれません。しかし、冬に岩牡蠣を見かけることは非常に稀です。その理由は、ずばりその漁獲方法。岩牡蠣は天然ものが多く、海士/海女さんたちの素潜り漁で漁獲されますが、寒さが厳しく荒れやすい冬の日本海に潜るのは至難の技。気候と海が穏やかな夏にしか食べられない、期間限定のグルメなのです。

岩牡蠣の名産地は日本海側が多い

真牡蠣はほとんどが養殖ものであるのに対し、岩牡蠣は天然ものが多いのが特徴。そのため、真牡蠣は太平洋側に、岩牡蠣は日本海側に名産地が多いという大きな違いがあります。岩牡蠣が美味しいことで知られるのは、昔から有名な秋田の象潟、新潟の笹川、石川の能登や、ブランド化の取り組みを行っている鳥取や島根などがあります。

岩牡蠣はあたる?正しい鮮度管理で安全に生の岩ガキを楽しもう

牡蠣といえば気になるのが食中毒。冬に食べた真ガキにあたり、ノロウイルスに苦しめられたという方も多いのではないでしょうか?一方で、岩ガキが生食してもノロウイルスの危険性が低いとされています。これは、ノロウイルスは海水温が10℃以下の時期に感染力が強くなるためであり、逆に海水温が高い夏はノロウイルスの感染力は低下するためです。一方で、岩ガキを食べる上で気をつけるべきは腸炎ビブリオという細菌性の食中毒。海水温15℃以上になると活発に活動をする細菌であり、しっかりと冷却しないで放置した場合に感染するリスクが高まります。ただ、腸炎ビブリオ自体はどの魚介類にもいるため、最近が繁殖しないように4℃以下に抑えることが重要。また、真水の中では生きられないため、新鮮な岩ガキでもしっかりと水で洗い流すことでそのリスクを減らすことができます。しっかり対策をして、安全に岩ガキを楽しみましょう!

通販でお取り寄せできるおすすめ岩ガキをご紹介

CAS冷凍技術で年中美味しい!隠岐のブランド「春香」

最初にご紹介するのが、島根県隠岐郡海士町が誇るブランド岩ガキ「春香」。700g(SSサイズ5個かSサイズ4個)の初回限定セットになっており、リーズナブルに高級なブランド岩ガキを楽しむことができるとあって大人気の商品です。前項の高級料亭から指名されるほどの実力で、ぷりっぷりの食感と濃厚な旨味、芳醇な甘味を楽しめる逸品。夏にしか食べられない岩ガキを通年美味しくいただけるように、殻ごと冷凍しているのが特徴。CAS旬感凍結システムと呼ばれる最新技術を用い、細胞を壊さずに瞬間冷凍させることによって、解凍後も生と変わらない岩ガキを味わうことができます。島根県の安全性認証制度にも合格しており、安心して美味しい岩ガキを楽しめるのも嬉しいポイントです。

超濃厚でクリーミ!鳥取県のブランド岩ガキ「夏輝」

続いてご紹介するのが、鳥取県が誇る高級ブランド岩ガキの夏輝。5~10個で3kgになる超特大サイズで、13cm以上のものだけに巻かれるブランドラベルが巻かれた超豪華な商品です。「夏輝」とは「鳥取の夏の海のように輝きを放つ天然の岩ガキ」を意味しており、「なつき」と読みます。Youtubeなどのメディアで紹介されたことから、ご存知の方もおおいのでは?大きな殻にぎっしりと身が詰まっており、なめらかで弾力のある食感と、濃厚でクリーミーな味わいを堪能することができます。その美味しさの理由は、その恵まれた環境にあり。大山をはじめとする中国山地の険しい山々から流れ込む河川が大量の養分を海に運ぶため、プランクトンが非常に豊富。長い年月をかけてたっぷりの養分を摂取することで、身が詰まった大きな岩ガキに成長します。また、ノロウィルスと貝毒の安全検査を実施しているため安心して楽しむことができます。

まとめ

岩ガキを美味しくいただける旬や、産地の情報をご紹介してきましたが、いかがでしたか?栄養価が高く、濃厚な味わいを楽しめる岩ガキをぜひ召し上がれ。

タイトルとURLをコピーしました