【通販でお取り寄せ】高級ブランド魚「清水サバ」のおすすめ商品7選

スポンサーリンク
清水サバのおすすめ商品7選 サバ

すぐ沖合を黒潮が流れる高知県足摺岬。その沖合で漁獲される清水サバは、ブランドサバでは珍しいゴマサバです。今回は、そんな清水サバのおいしさの秘密と、通販でお取り寄せする方法をご紹介します。

スポンサーリンク

清水サバはゴマサバの高級ブランド

日本人の食卓に欠かせない大衆魚のサバ。味の良さに加え、健康志向が高まる中で、近年はサバ缶が人気になるなど空前のサバブームを迎えています。日本で食べられているのは国産のマサバ、ゴマサバと輸入物のタイセイヨウサバの3種類で、一般的にはこの順番で美味しいとされ、値段も高くなっています。通常、ブランドサバといえばマサバを指すことが多いのですが、今回ご紹介する清水サバはゴマサバのブランド。マサバ以上と称されるその味わいの秘密に迫りたいと思います。

天然のサバはアニサキスなどの食中毒に要注意

サバにつきものなのが、アニサキスやヒスタミン中毒などの食中毒。「サバの生き腐れ」と言われるほど痛みが早いことで知られていますが、鮮度の悪いものを食べたり、市販の丸魚を刺身で食べると食中毒になることもあるので要注意です。食中毒を避けるため、味噌煮や塩焼きなどの加熱調理が主流であり、干物や缶詰などの加工品も多く流通しています。また、古くからサバを生で食べるための工夫が各地でなされてきており、酢でしめたしめ鯖がその代表。また、京都名物サバの棒寿司や大阪発祥のばってらなど、鯖の旨味を存分に引き出した鯖寿司も古くから食べられています。

清水サバはしっかりとした鮮度管理で比較的安全

一方で、ブランドサバの代表例である関サバなどは、むしろ刺身で食べるのが主流です。これはひとえに、生産者さんたちの鮮度管理に対する努力の賜物。通常、アニサキスは宿主となる魚の内臓に寄生しており、生きている場合と氷などで冷却されている状態では内臓から動くことはありません。宿主の死後に体温が上昇すると、一部の個体が内臓から筋肉(身の部分)へ移動し、それを食べることによって胃アニサキス症を発症するのです。逆に言えば、食べる直前まで生きている場合や、漁獲後にしっかりと冷やした状態を保ち、内臓を除去できていれば、アニサキスのリスクは格段に減ります。また、ヒスタミン中毒も常温保存していることによって発症するため、鮮度管理を徹底していればそれほど心配する必要はありません。清水サバも鮮度管理が徹底されているため、ものによっては生食することも可能。もちろん、生食可否の表示や賞味期限・消費期限などをしっかりと確認するのは忘れずに!

清水サバの産地は四国最南端の足摺岬沖

清水サバの産地は高知県土佐清水市。中心地の高知市から車で約2時間半の距離に位置します。アクセスがよくないのは、土佐清水市は高知県の南東部に位置し、四国最南端の足摺岬を有しているなど、沖合に突き出した地形をしているためです。一方、清流で知られる四万十川が流れる四万十市から車で約40分と近い距離にあるため、観光の際に立ち寄ることができる距離にあります。

清水サバとは

黒潮流れる豊かな漁場

沖合に突き出した土佐清水市は、暖流の黒潮が流れる好漁場に近いという利点があります。そのため、サバだけではなく、マグロにカツオ、カンパチなど、様々な回遊魚が漁獲できるのです。餌が豊富で流れの速い黒潮に乗っている清水サバは、脂が乗りつつもしっかりと引き締まった身を持っているのが特徴です。

清水サバの美味しい旬は冬

恵まれた環境のおかげで、ゴマサバは秋〜春の長期間に渡って漁獲することができます。一般的に秋に旬を迎える秋サバが旬と言われますが、それが当てはまるのは伊豆以北のサバの話。清水サバが最も美味しい旬の時期は冬であり、同じく冬に旬を迎える九州のサバ類などと合わせて寒サバと呼ばれています。春の産卵に備えて餌をたくさん食べ、身体中に脂が乗ったその身は、なんでもマグロのトロにも引けを取らない旨味を堪能することができるのだとか。

立縄漁で一本釣り

生息環境が良く、もともとの素材が良いのはもちろんですが、漁師さんたちの努力が清水サバの素材を引き出していることを忘れてはいけません。こだわりの最たる例はその漁法。通常、サバのような群れをなす回遊魚は網漁で一網打尽にすることが多いのですが、清水サバは魚体に傷がつきにくく、弱りにくい特別な一本釣りによって漁獲されます。その名も立縄漁。サバの生息環境に届くよう、全長150m以上、40本以上の針がついた仕掛けを水中で垂直になるように設置し、一尾一尾丁寧に一本釣り。手で触れぬように細心の注意を払い、沖合で氷水で締めた鮮魚と生簀で生かしたままにした活魚で港へ持ち帰ります。

旨味を引き出す蓄養

漁師さんたちが漁獲してきた清水サバを最高の状態で出荷するために、港でも様々な取り組みが実施されています。その一例が蓄養。通常魚は水揚げされたのち、すぐに出荷されますが、活魚の状態の清水サバは港の生簀で1〜2日泳がせ、生かしたままにしておきます。これは魚の味に影響を与えるストレスや胃の内容物、排泄物を綺麗にするためであり、これによって魚の臭みを減らし、旨味を引き出しているのです。そして最後に、鮮度を保ったまま出荷するための活き締めと血抜きを実施。これにより、清水サバの代名詞とも言えるコリコリとした食感の刺身を味わうことができるのです。

朝締めた魚を当日中にお届け!

刺身で食してこそ清水サバの真骨頂をいただけるというものですが、サバは総じて鮮度落ちが速いのが難点。通常の流通では、15時に産地で魚を締め、翌日の14時頃に東京や大阪などの都市圏に到着するため、丸一日分は鮮度が落ちてしまっていました。しかし、2015年から飛行機当日便が登場。これにより、朝5時に締めた魚が当日の16時ごろに都市圏に到着するため、産地と同じ新鮮な状態で食することができるようになっています。

通販でお取り寄せ

酢飯とサバの相性が抜群! 清水サバの棒寿司

鮮度抜群! 王道の清水サバ棒寿司

最初にご紹介するのが、すえひろ屋の清水サバ棒寿司(並)。脂のこってり感を軽減するために、爽やかでマイルドなゆず酢を使用しているのが特徴です。そのため、肉厚で脂がたっぷり乗った清水サバと、さっぱりとした酢飯の相性が抜群で、次から次へと口に運んでしまうこと間違いなし。魚の臭みを全く感じないため、大人から子供まで食べやすいのも嬉しいポイントです。また、冷凍で宅配されるサバの棒寿司が多い中、冷蔵で送られてくるため、新鮮さや風味のよさが一味違います。

こうばしい香りがたまらない 清水サバ炙り棒寿司

続いての棒寿司もすえひろ屋の清水サバ棒寿司(炙り)。酢飯と清水サバの相性の良さはそのままに、皮目の脂を軽く炙ることにより、とろけるような脂の旨味とこうばしい香りが楽しめる逸品に。

香りと強い旨味が魅力的 塩麹漬け焼きサバ棒寿司

棒寿司の最後は、すえひろ屋の塩麹漬焼き清水サバ寿司。清水サバを塩麹に一晩漬け込んで香ばしく焼き上げることにより、清水サバの旨味を最大限引き出した一品。こうばしい香りと強い旨味特徴で、マイルドな酢飯と相性抜群です。

超豪華! 尾頭付きを一匹丸ごと使った清水サバ姿寿司

すえひろ屋の清水サバ姿寿司は、尾頭付きの清水サバを丸々一匹使用した贅沢な姿寿司。部位によって異なる脂乗りや味わいを楽しむことができるのも嬉しいポイントです。お米にもこだわっており、契約農家の減農薬米ヒノヒカリを使用。季節感たっぷりな葉っぱに包まれており、尾頭付きで見栄えもするため、祝いの席や特別な日の贈り物にも最適な一本です。

贈り物としてより立派に見えるよう、サバの皮をそのままにした姿寿司も。ご自分で炙れば、皮目の旨味も楽しむことができます。

タレと刺身が絶妙に絡み合う 清水さば漁師漬け

大人の週末お取り寄せ倶楽部の土佐の清水さば漁師漬けは、甘口醤油ベースの特製タレにサバの刺身を漬け込んだ逸品。旨味を逃さない冷凍方法で鮮度を保持しており、生と遜色ない味わいの漬けを味わうことができます。解凍してご飯に乗せれば漬け丼に、出汁やお茶をかければ贅沢なお茶漬けになる手軽さも嬉しいポイント。冷凍で約半年間日持ちすることから、ギフトにもおすすめの商品です。

ギフトにも最適! 混ぜるだけお手軽な清水サバ飯

最後にご紹介するのが、土佐さくら屋の清水サバめしの素。職人が手作業で清水サバをほぐし、醤油、砂糖、みりんをブレンドした特製タレで味付け。しっかりとサバに味が染み込んでおり、ご飯が進むこと間違いなしです。高級感ある箱に入っており、真空パックに入っているため常温保存が可能。炊きたてご飯に混ぜるだけで料亭の味に早変わりする手軽さもあり、ギフトにも最適です。

まとめ

清水サバの美味しさの秘密とお取り寄せ情報をご紹介しましたが、いかがでしたか?魚難民の皆様のワンランク上の魚体験の参考になればうれしい限りです。

タイトルとURLをコピーしました