通販でお取り寄せも!魚津が誇るブランドウマヅラハギ「魚津寒ハギ如月王」をご紹介

スポンサーリンク
カワハギ

冬に旬を迎えるウマヅラハギ。濃厚な肝ともっちりとした触感の白身の美味しさに、ファンの人も多いのでは?一般的にウマヅラハギはカワハギに劣るともいわれていますが、活〆や血抜きなどを施すことで、カワハギに匹敵する味わいに!そんなウマヅラハギのブランド、「魚津寒ハギ如月王」をご紹介します!

スポンサーリンク

ウマヅラハギの基本情報

日本で食されているカワハギの仲間は大きく3種類ですが、そのなかでもカワハギよりも顔が長いことから馬面(うまづら)と呼ばれています。旬は冬であり、この時期に肥大化する肝が非常に美味。肝を食すには鮮度が重要であるため、気の利いた飲食店では活けのものを使用していることが多いです。その分値段も高く、旬の活魚は高級魚と言って差し支えない価格。一方で、旬を外したものや野締めのものは比較的安く流通しており、身を味わうにはお手頃です。しこしことした触感に、上品な甘みがあるおいしい白身を味わうことができます。

魚津寒ハギ・如月王の魅力に迫る

なぜ魚津なのか

富山の冬は厳しく、猛烈な雪や雷に見舞われます。この荒れ狂う海はブリが接岸する時期であるため、別名「鰤おこし」と呼ばれていますが、特に1月~2月にかけて漁獲されるウマヅラハギは肝がパンパンの大型の個体が多いのが特徴。中でも魚津港は、富山県のウマヅラハギの漁獲量の約半分を占める、日本を代表する名産地です。

なぜブランドなのか

魚津港で漁獲されたウマヅラハギの中でも、全長25cm以上の大型個体を、氷冷、活け〆の上、血抜きを施し、鮮度を保持がしっかりと実施されたものだけが「魚津寒ハギ如月王」の名前を冠することができます。鮮度抜群の身は味わい・触感ともに抜群で、血抜きのおかげで肝は生臭さがなく、濃厚な味わいを堪能することができます。

通販はどこでできるのか

如月王自体が季節限定のブランド魚であるため、通販できる時期は限られてしまいますが、Amazon、47clubなどで取り寄せすることができます!

丸魚

肝を味わいたい方には、丸魚での取り寄せがおススメ!肝醤油あえに鍋、煮つけなど、お好きな調理方法で召し上がれ!

お取り寄せはこちらから

昆布〆刺身

ウマヅラハギのしこしことした触感とその旨味を最大限引き出すため、薄くスライスして昆布締めに。昆布の風味・香りが淡白な味わいに彩を添える逸品です。

まとめ

見かける機会が少ないブランドウマヅラハギ「魚津寒ハギ如月王」ですが、出荷時期の12~3月であれば通販もできます。ワンランク上の魚生活を楽しみたい方にはおススメです。

タイトルとURLをコピーしました